TEL:048-966-8507
【営業時間】9:00~17:00
【定休日】木曜日
お問い合わせ

栄養価が高いバナナとワンちゃん

ペットオーナー様がバナナを食べえていると、匂いにつられて欲しがるワンちゃんも多いのではないでしょうか?人間にとってとてもいい香りがするバナナなので、鼻が利くワンちゃんならなおさらです。人間にとって栄養価が高い、健康的な食物であるバナナですが、ワンちゃんにとっての栄養価はどうなのでしょうか?今回はワンちゃんのおやつとしてのバナナについて注目してみました。

人間にとって栄養価が高いバナナですが、ワンちゃんにもそれは同様です。匂いにつられて欲しがるワンちゃん、栄養価が高くあげても大丈夫、となればペットオーナー様は当然あげたくなりますね。おやつとしてはとても良い選択だと思います。

バナナ数個分のカリウムは免疫機能を保ち、筋肉の機能も調整してくれます。また多く含まれるマグネシウムは骨の形成に役立ちます。ビタミンBは、心筋や筋肉の働きを保ち、皮膚の潤いを助けます。便秘がちのシニアのワンちゃんにも、バナナにより腸が刺激されて排便を促します。

いいことばかりのバナナですが、注意も必要です。人間もそうですがワンちゃんにアレルギー体質があり、摂取して体調に異変が生じる場合はあげることをやめましょう。なので初めてあげるときは少量にし、万一「体をかきはじめる」「下痢をする」「元気がなくなる」などの異変がありましたら、すぐにとりやめ、獣医師にご相談ください。人間に比べて体の小さいワンちゃんなのでたくさん量をあげ過ぎて栄養過多にならないようにすることも、注意するべき点です。また、喉に詰まらないよう、小さく切ってあげましょう。